コミュニティ経営における楽しい度の稼ぎ方について

本を買う。

望月は大学の卒業論文をAKB48のファンへのインタビューで書いたこともあって、書店でAKBを扱う新書なんかがでていると思わず反応してしまう。瀧本哲史『戦略がすべて』では、冒頭から多くのページにAKB商法への分析が載っていて、面白く読む。

いわく、「AKB48はプラットフォーム・ビジネスである」。

従来、いわゆるAKB商法の見方は「距離ビジネス」だった。

AKBを応援するファンは、特定のメンバーを応援することによってその子の夢や目標への努力に、その笑顔にコミットすることができる。有川浩が『県庁おもてなし課』で高知県馬路村を描いた際には、その場所へのアクセスのしにくさが「ひとにいいたくなるような物語」を産む武器になるとした。「ここに簡単に来れては元も子もない。ここに来る人は、秘境を旅するような『物語』」を求めている」。現代では、あらゆる商品のスペック・デザインが「どれも同じに見える」という「コモディティ化」が起こり、競合製品との差別化が至上命題となっている。その状況下で、物語が武器となるのは観光だけではない。僕らはあらゆる消費行動に「物語へのコミット」を、「なんでこれを選んだのかというひとにいえる話」を求めている。

コモディティ化は工業製品だけでなく、タレントビジネスでも進行している。

AKB48なんてコモディティ化の極地だ。素人目にはだれがだれだか判別不能である。そんなレッドオーシャンに飛び込んで、無慈悲なランキング制度にさらされて涙を流すメンバーにファンは心打たれて、物語へと巻き込まれていく。ファンは物語の読み手であると同時に、作り手として投票などの場面で積極的にメンバーの人気を下支えし、メンバーの言動やアイドルとしての姿勢に積極的に意見していく(握手会での塩対応を批判するなど)。キングコング西野さんが最近「俺はディズニーを超える」と豪語して注目を浴びているが、彼はこのようなファンを「セカンドクリエイター」と名付け、その力を最大限活用することを念頭に置いている。これは、いってみればプチ秋元康がいっぱいいるようなもので、みんなが物語を展開させるなんらかのアイディアや力を持っている。セカンドクリエイターからの意見を吸い上げるシステムをつくり、その交流のなかで彼や彼女にプチ秋元康として物語にコミットする居場所をつくってあげる。ファンは、タレントに近づきたいものだ。いまやタレントビジネスは、「○○さんとのお食事、おいくら」というふうにタレントとの距離を売る方向へとシフトしている。もちろん近づけば近づくほど、その値段は釣り上がる。握手会は、その形態をもっともソリッドにしたものだ。「会いに行けるアイドル」とは、「近づけば近づくほどお金がかかるアイドル」、距離ビジネスの別名である。

ファンとしてAKBに近づくと、それは距離ビジネスとして立ち現れる。

反対に、秋元康側から見るとどうなるか?

瀧本は、AKBはプラットフォーム・ビジネスとして読み解くことができるという。

プラットフォーム・ビジネスは、大流行中のソーシャルゲームを思い浮かべていただけると分かりやすい。

僕らは、インターネット上で公開されている無料のアプリをダウンロードしてゲームをプレイすることができる。ひとつひとつのゲーム、それをつくっている企業はAKBでいうところの「まゆゆ」「ぱるる」「ゆきりん」に当たる。AKBビジネスにおいて、いちばん儲かっているのはだれか? それはもちろん、秋元康である。ジャニーズビジネスにおいて、いちばん権力があるのはだれか? それはもちろん、ジャニーさんであり、ジャニーズ事務所である。この秋元康、ジャニーズ事務所に相当するのが「プラットフォーム」、「まゆゆ」ら個々のタレントが活躍する場を整えることでいちばん甘い蜜を吸っている。僕らはどこからゲームアプリをダウンロードしたか? インターネットからである。google appsから、もしくはiTunes app storeからである。この場合はグーグル・アップルが「プラットフォーム」として機能している。タレントビジネス、ネットビジネス以外にも、たとえば鉄道会社は路線近郊のベッドタウンを開発したり、商業ビルを建ててみたりすることで住民を誘致しているし、将来的にはSuicaなどのカード端末に蓄積されたユーザーの消費・生活情報をビッグデータとして「より便利な生活のために」役立てられる日が来る。現代の「勝ち組」は大量のユーザーを囲い込んだプラットフォームの経営者である。

プラットフォーム・ビジネスはいくつかの強みがある。

ひとつ、所属するタレントがいくら売れても、「それは彼または彼女がプラットフォームに所属しているから」であって、有名タレントの権力を抑制できる点。

ひとつ、雑誌『東洋経済』の社員が全員独立して大金持ちになっていないことからもわかるように、ビジネスは運の要素が非常に強い。原則や一般論はつねに後追いである。よって、「だれが売れるか」は判別不能だ。そこで、プラットフォーム経営では売れそうな商品をロングテール式に揃えることによって「どれかが売れる」確率を有意に上げることができ、その他ビジネスに対して比較的収益が安定的である点。

ひとつ、プラットフォームそのものにブランドがつき、「AKBだったらだれでもいいから」みたいな仕事を受注することができる。その際、まゆゆに研究生を抱き合わせることができるため、その裏で単価の高い仕事に優先的にエース級を回すことができ、人気タレントの稼働率を上げることができる点。

プラットフォームの強みは、それ自体がブランド商品となり、そこに集まる人間のマンパワーを活用できる点にある。プラットフォームのブランドを借りてタレントは知名度を上げ、タレントの活躍がプラットフォームをさらに活性化させる。無数の人間、そのアイディアが集まることによって確率的にリスクを分散させ、継続的なヒットを飛ばすことも可能なのである。

前述のセカンドクリエイターの概念は、タレントとしての個人が同時にプラットフォームとして機能することが可能であることを示している。この場合、キングコング西野さんのファンが「まゆゆ」化する。プラットフォームの経営者は自分のやりたいプロジェクトに参画してくれるセカンドクリエイターとしてファンを迎え入れ、そのなかから「さっしー」や「ゆきりん」を見出してプラットフォームを拡大していく。

僕らはみんな自分の居場所が欲しくて、しかもひとのためになればいいなとか欲ばって「コミュニティ運営」みたいなことを考える。世界中の楽器が触れてその場にいるひとのセッションが起きるカフェ、職員のこどもやペットを連れ込むことで場が活性化する老人ホーム、だれもが自分のやりたいことの参加者を募ることのできる社会人サークル、趣味を語り合いたい人のためのオフ会。探してみると、世の中にはそういった「場」がいっぱいあって、ぞれぞれが参加者にとって素敵な時間を提供しているようだ。

それらはどれも「プラットフォーム」である。

プラットフォーム経営の秘訣は、その場の理念や物語に賛同する人間の居場所として機能することができるかどうかだ。セカンドクリエイターとしてたくさんのファンを囲い込み、「どうしたら場が盛り上がるのか?」という問いの前にファンたちがそれぞれ自発的に仕事をしてくれる環境が整えば、プラットフォームは経営者の手を離れて独自に運動を始める。予定調和でない、だれもが予想しなかったドラマが生まれるのはそんな瞬間だ。秋元康は、AKB48創設に際して、組織が成長するシナリオに大きな余白を残した。ファンが書き込めるスペースが大きな熱心なファンとの交流の場となって、絶賛するにしろ批判するにしろ人々の注目を浴びてやまないプラットフォームとしての成長を見たのである。

田中ロミオ『人類は衰退しました』には、文明が崩壊した世界での人類の新人類との交流が描かれている。新人類は「妖精さん」と呼ばれる。

妖精さんは、場の「楽しい度」が上がるとどこからともなく集まり、ある閾値を超えると爆発的に増殖して集合としてのSF的技術力で超文明的ななにかをつくりあげる。妖精さんがいるとすべての事件・事故が「ギャグ」として処理されるので不幸が起こりにくい。「楽しい度」がなく、妖精さんがいないと病気・怪我、その他に注意しなければならない。

プラットフォーム経営もまた「楽しい度」の問題であるといえよう。セカンドクリエイターは場の楽しい度を上げることに粉骨砕身しなければならない。

問題は、「楽しい度」がどうすれば上がるのかは不明であるということだ。それが分かれば、世界中から暴力と貧困がなくなるだろう。『人類は衰退しました』にも、『週刊ダイヤモンド』にも答えは載っていない。

妖精さんは、すべてをギャグに変えてしまう。物語の構造的には、コメディとホラーは視点の違いでしかない。白塗りの子どものお化けをまえにしたとき、それから逃げる主人公に感情移入すればホラー、子どもだから腕力で勝てるだろうと客観的基準を持ち込めばそれはコメディである。妖精さんがいなければホラー、いればコメディであるということはそういうことだ。

可愛い妖精さんは、ときどきブラックだ。

「ぶっしつぶんめいの、あわれなまつろです?」。

「楽しい度」は、暴力と貧困の現場に視点の切り替えを強制する装置である気がする。死にゆく床にあってさえ、それを聞いてくれるものがいる限りギャグは笑えるのである。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする